保育園とは、厚生労働省の管轄する「福祉施設」です。親が仕事や病気、または死亡、失踪中、服役中などで児童を保育することができない、すなわち「保育に欠ける児童」を親に変わって保育する目的を持った施設なのです。保育園には下記のような種類があります。

認可保育園

公立認可保育園

私立認可保育園

認可園とは、国が定める「児童福祉施設最低基準」を満たしている園のことです。 各地方自治体の福祉事務所や福祉課の管轄になっており、入園の申請などもそこでまとめて受け付けています。

公立・私立共に保育内容は同じとされていますが、私立は経営母体によって保育内容が異なります。また、同じ管轄の公立の園でも、規模や設備や保育内容は若干異なります。

認可外施設
認可外施設とは、私立の保育園で、国の定めた基準に達していない園を言います。しかし国の定めた基準に達していないからといって決して認可保育園より劣っているわけではありません。一時保育や夜間保育を行っていたり、独自のカリキュラムなどがあります。

民間企業や個人が運営している施設や託児施設、病院・企業などの 職員のために職場に設けた施設(院内施設、企業内施設)共同施設 (預ける側と預かる側が共同で運営しているもの)などがあります。

認可外の中でも、自治体によっては一定の基準をみたすと「指定家庭保育室」等の名称で補助を受けられる場合もあります。