ご家庭で嘔吐、発熱、下痢など変わったことがあれば、登園時か連絡ノートで担当保育士にお知らせください。
体温が37.5℃以上ある場合は登園できません。


毎日、検温をして体温を連絡ノートに記入してください。
園で体温が37.5℃以上になった場合は、ご家庭に連絡させていただきますので、お早めのお迎えをお願いします。
(※必ずお勤めの会社に連絡をしますので、電話番号など連絡先は正確にお知らせください。)


職員による身体測定を毎月実施しています。


医師による定期健診(内科、歯科)を年2回実施しています。

園医(内科) ・・・ すなみ内科クリニック
園医(歯科) ・・・ 沖村歯科


週末に爪の検査をします。短く切っておいてください。


薬は原則的にお預かりできません。
(薬事法上の問題と、万一の場合の責任が負えないため。)医師に朝夜2回の薬をお願いしてください。慢性疾患などやむを得ない場合は園長及び主任保育士にご相談ください。


保育園では接触、けんか、ものの取り合い等でけがになりがちです。 
急病やけが、事故などの時はご家庭や勤務先に連絡し、お迎えに来ていただく場合があります。
受診の必要があると判断した場合、医師に診ていただきます。


伝染病にかかった場合は、他の園児にうつる恐れがないと医師が診断するまで休ませてください。下痢、嘔吐の場合は熱がなくてもお休みください。登園時には「登園に関する意見書」が必要です。


「とびひ」「水いぼ」などは、他の園児にうつさないように、保護者の方でできる限りの配慮をお願いします。


   ※ 職員も毎月、検便(ぎょう虫、サルモネラ検査)を実施しています。