みつばさ保育園
こひつじ分園
にじの木保育園
いずみの保育園
わかえだ園地
きぼう館



マナ会のあゆみ
食育推進活動
ボランティア活動



お知らせ
決算報告
ダウンロード
よくあるご質問
ご要望の解決
著作権について
お問い合わせ





食育(しょくいく)とは...

食育とは、国民一人一人が、生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、自らの食について考える習慣や食に関する様々な知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指します。

マナ会では...

マナ会では、乳幼児期に五感(嗅覚・聴覚・味覚・視覚・触覚)に働きかける食育活動を行っています。

食習慣は、乳児期から少しずつ習慣化され、はじめて身に付くと言われています。 この時期に愛情を込めて作られた食事を “一緒に楽しく食べる” ことが大切です。

食事を「家族」と「お友達」と「先生」と「みんな」と一緒に楽しく食べる。

この “一緒に楽しく食べる” ことが大切なポイントです。 子どもが一人で食べていては、テーブルマナーも身に付くはずがありません。

またマナ会が育むキリスト教精神に則った保育は、園児たちに提供する給食やおやつにも反映されており、必ず食前に 「恵の神様、今いただく食べ物を主イエスの名によって感謝します。アーメン」 「神様、この食べ物に感謝します。みんなの心と身体を強くしてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン」 と、感謝の賛美とお祈りをします。

毎日美味しい食事をいただくことが、本当は当たり前ではない事を学ぶことも、伝えることも一つの食育です。

私たちは、保育園と家庭が協力し合って、子どもたちの食生活を少しでも豊かにしていきたいと願っており、職員も子どもたちの良きお手本となるよう、食育研修に積極的に参加しています。

園庭や菜園では

マナ会の各保育園の園庭や菜園ではこれまで園児たちとともに

 ・米
 ・人参
 ・大根
 ・トマト
 ・ピーマン
 ・ナス
 ・トウモロコシ
 ・ブロッコリー
 ・キュウリ
 ・瓜
 ・南瓜
 ・坊ちゃん南瓜
 ・西瓜
 ・冬瓜
 ・唐辛子
 ・シシトウ
 ・ゴーヤ
 ・スーパーゴーヤ
 ・ラディッシュ
 ・ジャガイモ
 ・サツマイモ
 ・ゴボウ
 ・レタス
 ・白菜
 ・チンゲン菜
 ・ほうれん草
 ・小松菜
 ・春菊
 ・水菜
 ・キヌサヤ
 ・ソラマメ
 ・枝豆
 ・インゲン
 ・柿
 ・金柑
 ・レモン
 ・ザクロ
 ・イチゴ
 ・桃

など季節の野菜や果物を育ててきました。

また野菜や果物の他に、ヒマワリやアサガオ、チューリップ、パンジー、ツツジ、アジサイなどの花も育て、目を楽しませながら植物の成長の過程を学びます。

私たちがそうであったように、野菜や果物も勝手には育ちません。

よい土を作り、種・苗・球根の状態から、陽当たりの良さそうな場所に作付けをし、肥料や水やりをしながら大切に無農薬で栽培しています。

ある程度成長した後も、丁寧に間引いたり、外敵から守ったりしながら、自分たちが植えた野菜や果物や花が育っていく過程を見守るのも貴重な体験です。

美味しい野菜や果物を目当てに、小鳥や昆虫も寄ってきます。 子どもたちは野菜や果物を育てることで、小鳥や昆虫が育つことも学びます。

土いじりをする機会が少ない最近の都会っ子たちは、土の中から出てくるいろんな収穫物に大興奮!

ときにはダンゴムシやミミズなど菜園の住人たちと遭遇することも園児たちにとっては楽しいイベントのひとつです。

愛情を注いで育てた野菜や果物は、みんなで収穫します。

収穫した野菜や果物は、給食の先生にお願いして美味しい料理を作ってもらったり、みんなでクッキングをして、美味しくいただきます。

自分達が愛情を注いで育てた野菜や果物を口にすることで嫌いだった食材を克服する園児もいます。


ご家庭では、まずキッチンに立つことのない子どもたちですが、保育園では収穫された食材を調理する体験も味わえます。 もちろん衛生面に気を配り、安全面を考慮した調理器具を用いています。

作る側の立場を経験することで、達成感を得、食べる人の気持ちを思いやり、他人の喜んだ顔を見ることで、新たな食事を作る意欲にもつながるのではないかと考えています。

もしかすると卒園児の中から将来一流シェフが登場するかもしれませんね!

国際的な取り組み


2014年7月、にじの木保育園、園長の迫 共が、アイルランドで開催されたOMEP(世界幼児教育機構)の大会に参加し、全国私立保育園連盟 国際委員会の先生方とともに、「日本の食育のとりくみ」について発表致しました。

また、現地で二つの保育園を見学しました。

行事における食育
お餅つき、豆まき、お芋ほり、クリスマス、バレンタインデーなど、子どもたちが楽しみにしている様々な園の行事にも食材はたくさん登場します。

そこでマナ会では、子どもたちが楽しい体験の中でも食育に触れる機会が1つでも増えるようにと考えています。

提供する給食も、旬の食材を用いるなど季節感が感じ取れる工夫をしたり、目を楽しませることも食育の重要なポイントだと受け捉えて実践しています。
TV番組で紹介されました
  

2009年、わかえだ園地で収穫した食材を使って親子でクッキングをしました。

キッズステーションで放映された様子はこちらからどうぞ!


画像:キッズステーション提供
本になりました
大阪市私立保育園連盟に加盟する12の保育園で人気のメニューから、ご家庭でもお作り頂ける主菜22品目、サラダ8品目、ごはんもの12品目、スープ7品目、麺4品目、行事食7品目、おやつ23品目、アレルギー対応食11品目の写真つきレシピ等を掲載。(2011年5月)

初版は既に
完売しておりますが、閲覧をご希望の方は、みつばさ保育園事務所へお越しください。

発行/大阪市私立保育園連盟 食育研修部会








© 2002 Manna-kai Social Welfare Corporation. All rights reserved.